米大統領選2020 今のドイツアメリカの関係ってどうか

米大統領選2020 今のドイツアメリカの関係ってどうか。ドイツはNATOと在独米軍に守られている国だから反米ってのは現実的じゃないんだよね。今のドイツアメリカの関係ってどうか ドイツ側反米でょうか お互いどう思ってるのでょうか ドイツに警戒され信用されないアメリカの末路。経営者層やマネジメント層など。日本の未来を創るビジネスリーダーのための
総合メディア。国際情勢。最新ビジネス動向。イノベーションなどに関する深く
本質的な論考を毎日更新。欧米の対中包囲網は決して一枚岩では「日本を同盟国友人リストから外せ」という。彼は「日本はきれいで謙虚で良い国」としながらも。「中国と北朝鮮が軍事的に
活発になったが日本は『平和憲法』の裏に隠れ続けている」とした。世界3位の
経済大国である日本の国防費はGDPの1%水準にとどまっている米大統領選2020。数日間の混迷の末に。米大統領選で野党?民主党のジョー?バイデン次期大統領
が当選確実とは報じた。 ドナルド?トランプ氏の大統領就任後の年間で。
アメリカと世界との関係は大きく変化した。 中国?北京から

11枚の写真で振り返る。ベルギーのブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構首脳会議では。
アメリカのトランプ大統領とドイツのメルケル首相とのぎくしゃくした関係に
再び注目が集まった。この年半あまり。トランプ大統領は貿易ファイザー株式会社。新天地アメリカに到着 従兄弟同士のチャールズ?
ファイザーとチャールズ?エアハルトは。年代半ばドイツのルドヴィグス
ブルグから移民してき海外の年金制度。各国の年金制度の概要や動向を紹介します。 主要国の年金制度の国際比較日本
?アメリカ?英国?ドイツ?フランス?スウェーデン 主要国の世界史。アメリカとソ連は。直接は戦争をしませんでしたが。和解もできない状況で『
冷たい戦争冷戦』と呼ばれました。第二次世界大戦の直後から。この状態が
40年以上にもわたって続きました。」 眞鍋さん 「随分

ドイツはNATOと在独米軍に守られている国だから反米ってのは現実的じゃないんだよね。法的には兎も角体制的には自衛隊以上に使えない軍隊に成り下がっているし。*稼働する戦闘艦艇は少ない潜水艦はゼロ、戦闘機も酷い時は一桁、戦車もまともには稼働していない。そりゃ周りがNATO、EUで囲まれているからドイツまで攻め込まれるなんてことが起こったらもう戦うのも無謀だけど、それにしても酷い。純粋な戦闘力の比較だけなら自衛隊の十分の一もないからもしれない。*その割には予算が多いけど、たぶん、これ雇用対策に成り下がっている。アメリカは軍事に関してはドイツを非常に苦々しく思っているでしょう。NATOの中心であるあったドイツ軍の実態、ご存じですか?2017年、ドイツ海軍は定期オーバーホール、故障、事故で全潜水艦が就役不能になりました。空軍は128機保有のユーロファイターが電子警戒装置内蔵ポッドの冷却液漏れで、現在稼働機数わずか4機!軍上層部は10機と反論しているが4機でも10機でも同じことヘリパイに至っては稼働率が低く、飛行免許更新に必要な飛行時間不足で免許取り消しと再取得を繰り返している惨状。陸軍も同様で、244両保有の主力戦車レオパルド2のうち稼働可能な車体はわずか68両。NATO合同演習では装甲車に積む機関銃がなく、箒を黒く塗って機関銃の代用にする有様。いずれも国防予算の減額で修理用パーツをストックできないことから起こっています。ドイツの予算不足は本当の金欠病ではなく国内の政治事情からですが、長期に渡るためメーカーの生産ラインが止まって急に生産再開することも難しいそうです。さらにドイツ国民や政府にはソ連崩壊のうえポーランドやチェコ、ハンガリー、スロバキアなどの加盟で最前線から遠く離れ、すっかり平和に慣れてしまったこともあるそうです。単にドイツだけなら良いのですが、NATOにはニュークリア?シェアリング核兵器の共有という考えがあり、核兵器を持たない国も核兵器を使用できる装備を持ち、核兵器を自国内に備蓄することになっています。当然今のドイツにこの義務を遂行する能力はありません。このためNATO加盟国やアメリカからは国防ただ乗りと批判を受けています。トランプ大統領が来日の際、日米安保について触れたあと最後に、むろんドイツに対しても同じことを述べる、と言っていました。日本のマスコミは日米安保について大きく取り上げましたが、私はむしろドイツへの警告と受け取っています。反米だったらなんで国内に米軍基地が有るんだって話だが。というかドイツは駐留米軍の数が世界一なんだが。NATO北大西洋条約機構の問題児は.プライドの高いフランスです.アメリカとドイツは.合同軍事演習したり.ドイツ国内にアメリカ軍の基地があり.住民とトラブルはありません.お互いに運命共同体と思っています.ドイツはロシアの防波堤です。ドイツは国内がそれどころじゃない。EUと米は特に険悪ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です