バス運転手 滋賀県の車椅子バス乗車拒否続いて青森県で車椅

バス運転手 滋賀県の車椅子バス乗車拒否続いて青森県で車椅。貴方指摘の、軽い会釈とか、「ありがとうございます」?「すみません」ぐらいを言うのが当たり前と思っている事自体がそもそも非現実的なのでは。滋賀県の車椅子バス乗車拒否続いて青森県で車椅子乗車客否定的発言たバス運転手問題なり、、、一般乗客の多く車椅子乗客ウエルカムじゃなく、口ないけどイライラする事有る思う、、 車椅子の為席立たされた人や急いでいる人達スマイルで会釈するくらい車椅子の人心掛ける必要有るのでないでょうか 、、、当然だばかりブッチョウ面ている車椅子客よく見かけますけど、少違う気ませんか 車椅子女性を乗車拒否か。青森市営バスの代男性運転手が日。バスに乗車しようとした車椅子の代
女性に対し。乗車を拒むような言動をしていたことが日。分かった。市は。
対応が不適切だったとして運転手に口頭で指導し。女性に謝罪「安全確保できない」と車いす利用を拒否した滋賀県のバス会社。前向きで乗降する場合は自己判断ができるが。車いす介助で一般的に行われる「
後ろ向き降車」では全面的に運転手に介助依存することになるので。適切な介助
は当然の義務となる。危ないとバス会社が一方的に判断し。バス停を利用
させないことは法的にも問題であり。9月5日にも同区間を利用しようとした
が運転手に乗車拒否され。現在も利用できない状態が続いている。

車いす利用者のバス乗車乗車拒否は是か。上記記事の概要として。青森市営バスの運転手が乗客としてバス停で待っていた
車いすを利用する方に対して。「との趣旨の発言をしたとして。後に青森市が
調査を行いその発言が事実であったということで。運転手がその乗客にを利用
する乗車客に対して「次のバスに乗ってくれ」と一方的に告げ。その乗客を乗車
拒否して。次の車いす利用者ようなことが何度も続いて疲れてしまっていた
ということもあり得るので。むやみにその運転手さんを責めることも車いす対応バスなのに「次に乗ってくれ」。帝産湖南交通滋賀県草津市の路線バスに乗ろうとした車いすユーザーの男性
が運転士に「乗車拒否」されたとして。同行していた女性が対応の改善を訴えた
。「次のバスに乗ってくれ」と言われたが。そのバスが乗り場に

車椅子でのバス乗車についての報道メモ「ほかの乗客に迷惑だ」。青森テレビ ////?= 青森県 青森市営バス運転手
車いすの乗客に不適切発言日市の交通局は。運転手の発言について「
事前に連絡をもらえばスムーズに乗車ができて。他の乗客にも迷惑が青森市
によりますと7月20日午後7時頃。JR青森駅前のバス停で市営バスの男性
運転手が乗車した車いすの女性に対し乗車拒否と受け取れる不適切なバス運転手。青森市営バスの男性運転手が。車椅子の女性に乗車拒否と取れる発言をした
として。厳重注意を受けたことが判明。その処分と運転手の行動が。賛否両論と
なっている。事案が発生したのは。日午後時頃。青森駅障害福祉政策?激動の部屋。車いす対応のバス5台が青森市営バスに導入されて半年余りたつが。車いす利用
者が乗車できないという「異変」が起き運転手が拒否した理由は「乗車に15
分かかり。定時運行できない」「運転席を離れられない」「スロープを積んで
国土交通省も「法に適したバスを購入しながら乗務員が教育訓練を受けず。使え
ないのは問題」といっている。公共交通機関の鉄道事業者は。乗客を正当な
理由なしに。乗車拒否してはならないのは。当然だろう。リフト付バスじゃ
ないか!

バス運転手。青森市営バスの50代の男性運転手が。乗車しようとした車いすの40代の女性
に対して。乗車の事前連絡がなかったことを理由に「ほかのお客さんに迷惑だ」
との趣旨の発言をしていたことが24日。市への取材で分か…

貴方指摘の、軽い会釈とか、「ありがとうございます」?「すみません」ぐらいを言うのが当たり前と思っている事自体がそもそも非現実的なのでは?とも思います。例えば貴方が相手の視点になってみましょう。何らかの理由で一生車椅子に乗ることになり、通勤通学で毎日ハイデッカーのバスに乗り降りするとしたら、毎日その言葉を他の乗客のために言いますか?そしてそれは一生かつ毎日のことなので、機嫌が悪い日も疲れ切った日も毎日同じ様にするんですよね。私なら、そんなに気を揉むなら外出が億劫になりますよ。特に、自家用車の免許が持てない人とか。例えば、単なる骨折ならそういう配慮はあるでしょうが、それは数ヶ月で治ることが分かっているから出来ることなのです。「トロいなぁ…」と貴方や周囲がイライラするのは分かります。でもそういう事は自分がそういう立場にならないと分からないものです。だから私は車イスの方が仏頂面で乗るのも理解出来ますし、見てはいますが「大変やなぁ…」と思いながら待ちます。まぁバスってそもそもが車椅子利用者の為に作られているものではありませんから、そういう気持ちになったりトラブルに発展するのは仕方無い部分があるなぁと思っています。障害者の方が横柄な対応になっていくのは、障害特性のためにストレスを抱えながら社会で生きていくために、なるべくしてなったんだろうと私は思いますよ。そういう意味では、津久井やまゆり園の犯人の直接的な障害者バッシングは、完全に否定出来ない現実でもあるので、今でも鮮烈に議論されている事件なのです。私が乗っていたバスにも車椅子の方が乗って来られました。運転手さんがスロープを用意して車椅子を乗せ 固定場所に居る先の乗客に頭を下げ移動して貰って 車椅子を固定されていました。「お待たせしました」と運転手さんが言われバスは発車しましたが、車椅子の人は他の乗客に「すみません 」の一言もありませんでした。文句を言う乗客は居ませんでしたが 駅に向かうバスでしたので 乗るはずだった電車に乗り遅れた人も居たかもしれません公共交通だから いろんな人が乗る為に遅れるのは仕方ないねと諦めている人もいる事に車椅子の方も気付いてほしいですね車椅子のひとは一言くらい挨拶するべきです。みんなを待たせているんだから。それと発車間際にではなく、時間にゆとりをもってみんなより早く並ぶべきです。それをニュースにするマスコミによる世論誘導、それをマスコミにつげる障害者、バス運転手は保身の無言の偽善の対応。散々迷惑かけて障害者は半値で乗車。4人分のスペースを取り、バスを遅延させ、更にはお値段半額で乗る。みんなからの嫌われ者。あれだけ周り全員に迷惑をかけて煙たがられながら生きてれば仏頂面になるのもまぁ無理はないかなとも思いますね。

  • 埼玉と千葉 京都と大阪どっちが都会だと思いますか
  • やっておきたい英語長文はクソ やっておきたい500が終わ
  • 香りがGOOD わたしはどちらとも好きですが内容でいうと
  • 痩せたくて バランスよく少し多めのご飯の量を毎日食べてい
  • キッズページ 差別いじめを受けようが逃げずに生きてこられ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です